高血圧のボーダーラインは?

血圧が高い状態が維持されてしまうことによって致命的にもなる合併症が生じてしまうということが知られるようになってきました。血圧が高い状態は血管、心臓、腎臓といった器官に大きな負担をかけることになります。その結果として、動脈硬化や心不全、腎不全といった合併症を生じていきやすくなってしまいます。動脈硬化はそれ自体ではそれほど自覚できるような症状が生じませんが、それによって血管の閉塞や破裂が起こると心臓では心筋梗塞、脳では脳出血や脳梗塞といった致死リスクの高い疾患をさらに合併していくことになってしまいます。こういった兼ね合いから高血圧に対する恐怖が高まってきているのが現代の特徴です。血圧には至適な範囲が定められており、それをもとにして高血圧とされるボーダーラインも考えることができます。至適血圧とされるのは収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHgというものであり、この状態であれば安心して構わない状況です。その上に正常血圧、正常高値血圧というものが設定されており、それぞれ、収縮期血圧が130mmHg未満かつ拡張期血圧が85mmHg未満、収縮期血圧が130mmHgから139mmHgまたは拡張期血圧が85mmHgから89mHgとされています。これ以上になると1度から3度高血圧といった形で高血圧に分類されていくことになります。そういった考え方の身とづくと、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上というのが高血圧のボーダーラインとなります。しかし、至適血圧よりも高値を示すようになってきてしまっている場合には対策を立て始めるのが良い考えであり、ボーダーラインに乗らないようにすることが重要です。

生活を正せばすぐ治る?

高血圧は生活習慣病のひとつです。ですから、その発症には生活習慣が深く関係しています。たとえば塩分の多い食生活です。塩分を過剰に摂取すると、体の中で塩分と水分のバランスを保つ役割をしている腎臓に対しての負担が大きくなります。その結果、不要な水分が排出されにくくなり、血管内を流れる血液量が増加して、高血圧になりやすくなるとも言われています。また単純に、塩分を摂取しすぎると喉が渇き、それを癒すために水をたくさん飲むようになります。すると血液量が増加するため、血管にかかる負担も増加して、それが慢性化すると高血圧になると言うことも言えます。また長期にわたり喫煙習慣がある人、日々の生活の中でまったく運動をする習慣がない人は、血管の柔軟性が失われている可能性もあります。硬くなった血管は、僅かな血液量の変化にも対応することができず、血液量が増えたらその分だけ圧力を受けてしまい、高血圧になりやすいと言えます。高血圧の原因が生活習慣によるものだと明らかになっている場合には、まずはその生活習慣を正すことが求められます。しかし生活を見直せばすぐに治ると言うものではありません。そもそも高血圧とは、血圧の高い状態が常に続いている状態のことです。よってそれが治ると言うことは、血圧が正常である状態が常に続いている状態であることを意味しています。ですから、すぐに血圧が低下したとしても、それがずっと続いていなければ、それは治ったとは言えないのです。実はここに高血圧治療の難しさがあります。たとえ生活を見直して一時的に血圧が低下しても、少し気を抜けばまた元の数値に戻ることは少なくありません。また生活を正したことに体が慣れてしまうと、以前よりも小さな生活習慣の乱れによって、また血圧が上昇してしまう可能性もあります。ですから、すぐに治る、治らないと言う点を重視するのではなく、生活を見直し続けることが求められます。

高血圧症の合併症について

高血圧の状態が長年にわって続くと、血管内に圧力が加わりますので、血管は自らを丈夫に保とうとして、血管を硬くしていきます。つまり血管の内側から厚くなっていきますので、血管内が狭くなっていきます。狭くなるということは、悪玉コレステロールが詰まりやすくなります。結果的に、心臓を取り巻いている血管が詰まる、いわゆる心筋梗塞や、脳の血管が詰まる脳梗塞になりやすいです。心筋梗塞や脳梗塞は、対応が早ければ命が助かりますが、命を落とすことも少なくないです。高血圧による合併症はこの2つが主です。血圧は年齢を重ねるごとに上っていきますので、特に中年期以降では日ごろの血圧をチェックするべきです。家庭用血圧計を購入して毎日決まった時間に測定しましょう。血圧が高めであれば、医療機関をお勧めします。医師が薬を必要とすれば、処方せんが発行されますので、調剤薬局にその処方せんを持っていき、薬を貰って指示どおり服用を続けましょう。高血圧症は、塩分の摂りすぎやタバコ、肥満が原因です。食生活においてはカリウム分を多く含んだ野菜をよく食べることが大切です。タバコにはニコチンが含まれており、そのニコチンが血管を収縮されて血圧を上げますので、タバコはやめましょう。肥満は心臓に負担がくることで、血管に悪影響を与えますので、肥満であれば体重を落すようにしましょう。日本人には高血圧症が多いです。くだんのことに心がける以外にも、ウォーキングなどの適度な運動も大切です。また冬場は血管が収縮しやすいので、気温差が激しい場所では特にお年寄りは注意しましょう。健康管理は日ごろの生活習慣が大切です。食事や運動のほかにもストレスをためすぎないようにしましょう。